中古艇

ベネトウ スウィフトトローラー42

インペラ DJ PUMP(09-42-1001) ヤンマー(119593-42210)互換品 SP130同等品 6LY-ST

インペラ・部品番号:09-42-1001

★製造者:DJ PUMP

★大きさ:直径A・65mm(2.55インチ) 高さB・68mm(2.67インチ) シャフト直径C・16mm(0.62インチ)

★スプライン形状・・・三角山セレーション ★枚数:10枚

★材質・・・ネオプレン

★対応:
ヤンマー(部品番号 119593-42210)
6LY-ST

ISUZU
UM4BDI 6BG1TC(旧)、6BG1TC2(旧)、6BD1TC2、4BG1TC、4BG1TCX、4BG1TCG、4BD1TC、4BD1TC3、4BB1(新)、4BA1、4BC2

樫山(KASHIYAMA)
SP130

・エンジンを冷却するシステム、シーウォーターポンプの重要なパーツであり、定期的に点検・交換が必要です。
100時間超えたら交換、超えなくても1~2年に一回は交換することをお勧めいたします。
インペラの不具合はオーバーヒートの原因になります。

・DJ PUMPは韓国のポンプメーカーです。ヨーロッパ、アメリカでも実績あり!

・ボルボのインペラ交換は、ほとんどのものが、ガスケットが必要になります。こちらの商品には付いておりません。(写真に写っているもののみです。)

★純正に比較して格安で高品質!1度お試しになってください。

★納期...1週間くらいかかる場合が有ります。

★ヤフオク→https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g424544324

2000ラックアンドピニオンステアリングセット  5fから30f

ラックランドピニオンセット

メーカー:PRETECH

商品:2000ラックアンドピニオンステアリングセット(※ステアリングホイールは含まれておりません)

在庫の確認はお電話ください。(在庫によっては納期は1週家から2週間かかります)

説明:ステアリングボックスの奥行きがあまりない船外機艇タイプによく使われているメカニカルステアリングになります
YAMAHAでよく使われているタイプの船は、SRV17・20 UF21CCなどがあります。

形式:ラックアンドピニオンタイプ※

ホイール回転数:3.5回転

※ラック・アンド・ピニオン(rack and pinion)とは歯車の一種で、回転力を直線の動きに変換する。 ピニオンとよばれる小口径の円形歯車と、平板状の棒に歯切りをした(歯がつけられた)ラックを組み合わせたもの。 ピニオンに回転力を加えると、ラックが歯すじ設定された末端まで水平方向に動く。

ケーブルの船外機側の出力エンドはSUS材を使用し、塩蝕に強くなっています。

メカニカルステアリングワイヤーは基本はお取り寄せとなります。

在庫のある長さもあります、ないものは最短でも1週間程かかる場合がございます。

 

メーカーに在庫が無い場合は1ヶ月以上かかる事もありますので、ご了承ください。

使用機種
BS-16, SRV20F50, SRV20WB →13.5フィート
UF21カディ, SRV17, SRV20, SRV20TLT →14.5フィート
BS-21→16フィート
AS-21, FR23→17フィート
UF-21CC, →18フィート
各種ケーブル対応ございます。お問い合わせください。
0.5フィート刻みのケーブルがないので、13.5f→14f 14.5f→15fで対応していただけます様お願いします。

※TELEFLEX社とハイレックス社との互換性はありません。

★ケーブル長さ算出方法。
① ケーブルの総長さから表記長さを算出する概算式
(ケーブル総長さ[mm]-500)/304.8=表記長さ[フィート]
② アウターケーブルの長さから表記長さを算出する概算式
(アウターケーブルの長さ[mm]+417)/304.8=表記長さ[フィート]

★金額表(税込み)
5フィート \15,290
6フィート \15,510
7フィート \15,730
8フィート \15,950
9フィート \16,159
10フィート \16,379
11フィート \16,599
12フィート \16,819
13フィート \17,039
14フィート \17,259
15フィート \17,479
16フィート \17,699
17フィート \17,919
18フィート \18,139
19フィート \18,359
20フィート \18,579
21フィート \18,909
22フィート \19,239
23フィート \19,591
24フィート \19,954
25フィート \20,317
26フィート \20,691
27フィート \21,087
28フィート \21,483
29フィート \21,901
30フィート \22,330

砂採取運搬バージ

押し船 1993年3月製造
[製造者] 肥後造船株式会社...熊本県上天草市
[船体寸法]
・L.O.A.(全長)20.20m、Lpp(垂線間長):18.00m、Lr(登録長さ)18.41m、
・幅:6.00m、深さ:2.05m、総トン数:64トン
[定員]
・平水区域の場合:船員6名、旅客2名 計8名
・その他の区域の場合:船員6名、旅客0名 計6名
[主機] ・ディーゼルエンジン:株式会社新潟鐵工所 「6M28AGT」(昭和54年7月製造)計画出力1,000PS / 380 rpm
[発電機]
・40KVA ブラシレス交流発電機-株式会社東京電機(平成5年4月)225V/130V ※補機駆動
・40KVA 定速発電装置・三信電具製造株式会社(平成4年6月製造)225V ※主機駆動

バージ 建造年月:1994年3月
[製造者] 肥後造船(株)
[主発電機]
・デンヨーDCA-220SPM型220KVA
・デンヨーDCA-220ESK型220KVA
[補発電機]
・デンヨーDCA- 60SPH型 60KVA
[機関]
・㈱潟鉄工所6M25CXB型750ps/630rpm(砂採取ポンプ駆動用)
[ポンプ]
・㈱本鐵工所KSP-600D型24インチ(砂採取用渦巻き型ポンプ)

★中古船購入にあたっては、品質保証は有りません。現状を良くご確認の上、購入をご検討下さい。

〝ヤマハYF27EXのフロントウィンドシールド脱着″

〝ヤマハYF27EXのフロントウィンドシールド脱着″

 

フロントガラスから水漏れが!!おそらく、シールが切れているだろうと思い、ガラス交換のプロにお願いしました。今回はその一部始終をレポートします。

 

まず、脱着の為の準備、ボートが汚れない様に養生して、ワイパーも外します。ワイパーブレードの位置は、テープを貼って残しておきます。

次は、ナイフでガラス周りのシールを切っていきます。手際の良いこと! 刃先がL字になったナイフ(特殊工具)を使いガラスと窓枠の接着面を切り離していきます。ところが合わせ面が強く接着し、なかなか切れません。そこで、ピアノ線の登場!外と内と二人で強く引っ張りながらシールを切っていきます(動画)。「なるほど、その手が有ったか!」という感じです。一寸苦労しましたが、無事取外しました。

ガラス脱着 (3)1動画

ガラスに付着しているシール材を剥がすために、ガラスをボートから降ろし作業台に載せ、シールを丁寧に切り外していきます。同時にボート側窓枠のシールもきれいに剥がしました。

シールを打つための養生として、紙テープをガラスに貼りガラスを反対にひっくり返しまました。ガラスの内側を上にして、接着を強化するためのプライマーを塗る作業です。しかしながら、ガラスの内側(接着面)にプライマーが良く乗りません。

そこで、ワカシマオート(このたびの施工会社)のオリジナルガラスクリーナー「とれるっち」の登場です。油膜や水垢をきれいに取ってくれます。聞けば、全国の同業者から注文が有るそうです。

「とれるっち」で油膜をふき取り、プライマーを塗ります。次はパッキンを窓枠に取付、そしてウレタンシール材を厚く塗り付けていきます。シール材を打つためのガンも特殊な道具です。知らなかったのは、私だけかも知れませんが、電気式のガンが有るんですね!さすが、この道のプロです。手際よく作業が進んでいきます。

最後の行程、窓枠にガラスを取付けます。上下左右バランスよく1発で載せました。その後、窓枠との隙間にシール材を詰めていき、指を使い余ったシール材を取り除き、表面をきれいにならしていきます。そして、できあがり、とてもきれいに仕上がりました。

残念ながら、最終 養生テープを剥がした完成写真の撮影を忘れていました。

最後の写真は水漏れの原因となった部分の写真です。ウィンドシールドの上部中央部分です。パッキンが「ひしゃげ」て、砂が混入していることが見てとれます。これは、製造当初からの施工不良と思われます。本来ならヤマハが修理費用を負担するべきですが...。

作業車に施工会社のロゴが!ガラス交換の際は是非、お声をかけて下さい。ワカシマオートガラス株式会社です。

 http://www.wakashima.com/

最後に一言「餅は餅屋ですね」やっぱり

出国の手続き、小倉へ。

マリントレーディングの仕事の一つに船舶代理店業務があります。

で、4月5日に通関のきれた船の出港のために、小倉へ行ってまいりました。

入国管理局と、門司税関監視にお伺いします。

久しぶりに福岡入国管理局北九州出張所へお伺いしたところ、あれ建物がないぞ。ロープをしていて、建物は人の気配がありません。

とうろうろしていたら、すぐ近くに綺麗な大きな建物が!

玄関も立派。
ここかー!
入り口はここ!

とても綺麗場所で安心もしつつ。無事に出国完了!
船長さんたちを、船に案内して、私は監視に書類を提出。
そして無事に終了しました。
昨日今日とだいぶ波が落ち着いたので無事に着いたことでしょう。
門司から統営まで、
何マイルかな?
調べておきます^_^

ステアリングロック

日産のPS730のステアリングおかしいとのことで確認したところ、ラックアンドピニオンのケーブル破損を確認しました、ケーブルを購入して修理という方向になりましたが…

お客様が少し安いもの何か案がないかとのことでしたので、うちで扱っているPRETECH社のステアリングセットをつける方向になりました。

ケーブルを買うより、ZTSステアリングセットの方が安いんです。これが!

ということで、まずはヘルムが取付可能か、ステアリングの取付位置を確認しようと思います。

三菱ミツビシ MS36 KAD42A/DP TWIN 中古艇

三菱モーニングスター36 現状渡しにて格安!
<注意>
進水年月は平成10年5月です。但し製造年は平成4年(1992年)になっています。これは平成2年から平成10年4月まで長期在庫として展示してあったものと想像できます。ご了承下さい。

暑い、8月。

今日は8月にやる最後の通関でした。

日中作業はだいぶ暑さにやられてきてます。

今月は2.9.16.23と荷役でした。

暑い日が続きましたが、9月は涼しいといいな。

2日 9日16日  23日

 

無事怪我なく終わりました!

 

ミヤマの輸出。

先週は台風の対策でバタバタしつつ。

5日に通関をしてきました。

ちょうど雨も止んだ間で、対応できました。

来週はとても暑そうなので、気をつけながら過ごしていきたいと思います。

今年の春の釣果。

バタバタしてて、春の時期の釣果をあげていなかったので、ちょろっとあげておきます。

写真の日にちはバラバラですが、4回ほどお客様と釣りに行っていい感じに魚を狙えました。

https://www.instagram.com/p/Bi3KT71AGRp/?taken-by=muro1207

今年のノッコミは楽しく釣りができました。

次の目標は90釣るぞ。

UF23Ⅲ エンジンF130新品

UF23Ⅲ

2018年2月にエンジンを換装。
換装時にいろいろと交換してあります。
油圧ステアリング、リモコンボックス、リモコンケーブル操舵装置をすべて交換。
ワイパー交換、フューエルキャップを交換、ガソリンタンクゲージ交換、ガソリンタンクも一度ガソリンを抜き水を抜いています。ガソリンも新しいものに交換済み。
現在船はいつでも乗れます。20海里までの限定沿海になります。
船とは別に広谷商店の船底シートもお安くお譲りします。

船底シートをつけていれば、船底の汚れを気にせずいつでも乗れます。ぜひご一緒にお求め下さい。

 

https://youtu.be/2yWY8DYg0w8